ロートフィールド (鴻ノ池陸上競技場)

ロートフィールドは、奈良県奈良市の鴻ノ池運動公園敷地内の中にある陸上競技場です。
このスタジアムは、サッカーの奈良クラブがホームとして使っています。

*2021年4月よりならでんフィールドからロートフィールドへ名称が変更になりました。

アクセスについて

JR京都駅を拠点に電車で観戦に行く場合

JR奈良駅
約1時間から1時間20分

関東などの遠方から観戦に来る場合、おそらく新幹線の利用が多くなると思います。そのため、京都駅を拠点に観戦をする、または京都駅から奈良方面に向かうということになると思います。

JR奈良線が京都駅と奈良駅と結んでいます。
時間は1時間から1時間20分ほどですが、乗り換えなしで行けるので楽だと思います。

京都駅について

奈良駅からスタジアム

会場がある鴻ノ池運動公園は、奈良駅からだと2.5キロぐらいと少し離れているので、徒歩だとややきついかもしれません。
JR奈良駅からだと、奈良バスが、駅と市営球場を結んでいるので、バスを使うと便利です。

時刻表

後は、レンタルサイクルを使うと、この球場と東大寺をセットで回るのに便利ではあります。

会場について

所在地:〒630-8108 奈良県奈良市法蓮佐保山4丁目5−1
収容人数:30,000人

試合のスケジュール

奈良クラブ.の試合の日程は、チームの公式サイトからご確認ください。

チームの公式サイト

奈良の交通・観光・食べ物を知る

旅行の前に、奈良の基本情報をまとめておりますので、ご参考にご利用ください。

奈良県のスポーツチームの基本情報

(1)奈良の交通

奈良へのアクセスは、東京からの場合、京都まで新幹線、その後、JRなどで奈良となります。
大阪の方から来る場合は、近鉄を使い、近鉄奈良駅に到着することもできます。

(2)奈良のホテル

東京方面から奈良に行く場合、一般的には、JR京都駅まで新幹線となります。
そのため、観戦のためのホテルのロケーションは、京都泊か奈良泊というのが候補になると思います。
JR京都駅からJR奈良駅は奈良線で約1時間ほどです。
試合前の観光などをどうするかでホテルのロケーションを決めるようにしてください。

(3)奈良の観光

日本屈指の観光エリアです。
奈良には東大寺、法隆寺などたくさんの見どころがあります。
奈良で観戦する楽しみは、奈良で観光も楽しめることでもあります。
自分で行きたいところがある、という場合は、そこを中心に観光するのがベストですが、いくつか代表的な観光スポットとアクセス方法をご案内いたします。

(4)奈良で食べる

奈良は、そうめん発祥の地と言われており、三輪そうめんが有名です。
その他、奈良からは、茶、うどん、清酒、まんじゅう、豆腐が生まれたとされており、好きなお店を探してみるといいかもしれません。
詳しくは、奈良市のホームページに紹介があります。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

ロートフィールド
Average rating:  
 0 reviews

関連会場

ロートスタジアム

ロートスタジアムは、鴻ノ池運動公園敷地内の中にある野球場です。 この公園内には、陸上競技場、体育館などもありますが、野球場は、道を挟んで陸上競技場と少し離れた位置にあります。 近く …

ロートアリーナ

ロートアリーナは、奈良市にある鴻ノ池運動公園内の体育館となります。 Bリーグのバンビシャス奈良のホームアリーナです。 *2021年4月よりならでんアリーナからロートアリーナへ名称が …

なら100年会館

なら100年会館は、JR奈良駅の前にある多目的ホールになります。 奈良市100周年の1999年にオープンしました。 この会場では2015年にボクシングの試合が開催されました。 アク …


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名