札幌市時計台(札幌市)

札幌市時計台は、日本最古の時計塔になります。
この時計台は、正式名称を旧札幌農学校演武場といい、1878年にクラーク博士の構想で建設されました。
その後、国の重要文化財に指定され、現在も市民に時を告げる時計塔として働き続けています。

基本情報

所在地 〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西2丁目
営業時間 8時45分から17時10分(入館は17時まで)
定休日 年始(1月1日から3日)
料金 大人200円 高校生以下無料
ロケーション 札幌駅からは徒歩10分弱の距離になります。近くにはさっぽろテレビ塔があります。
公式サイト

アクセス

札幌市時計台

関連会場

横綱北の湖記念館

第55代横綱北の湖が少年時代を過ごした洞爺湖のほとり、壮瞥町にあるのがこの「横綱北の湖記念館」になります。館内には雲竜型の土俵入りを披露する人形や優勝額、化粧回しなど北の湖の資料が …

nepiaアイスアリーナ

nepiaアイスアリーナは、北海道の苫小牧市にあり、札幌冬季オリンピック、第1回、第2回冬季アジア競技大会、ユニバーシアード冬季大会でアイスホッケーの会場として使われ、フィギュアス …

江守記念星置スケート場

江守記念星置スケート場は、北海道の札幌市の星置公園内にあるスケートリンクです。 会場について 所在地:〒006-0852 北海道札幌市手稲区星置2条1丁目12−1 アクセスについて …


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名