夕呉クルーズ(広島県)

「夕呉クルーズ」最大の見せ場は何と言っても自衛艦旗の降納でしょう!
日没になると海上自衛隊艦船では整列した隊員が敬礼し、ラッパ譜君が代を吹奏しながら自衛艦旗が降下されます。その儀式は荘厳で、また感動的な瞬間を体験できる特別な軍港クルージングとなっています。

基本情報

所在地 〒737-0029 広島県呉市宝町4−44 呉中央桟橋ターミナル1階フロア
営業時間 日の入り時刻の15分前の出航。詳細は「呉湾艦船めぐり」の公式サイトよりご確認ください。
定休日 火曜日
料金 大人 1500円 子ども 500円

アクセス

呉中央桟橋ターミナルは建物のドームが目印で、大和ミュージアムの隣となります。JR呉駅の改札を出て右の出口に向かうと大和ミュージアムまでつながる屋根付きの歩道橋があり、徒歩約5分となります。乗船手続きは呉中央桟橋ターミナル1階の「受付艦船めぐり」という看板の出てるカウンターでできます。夕呉クルーズの所要時間は約35分となります。

呉湾艦船めぐり

自衛隊の一日は「ラッパで始まりラッパに終わる!」さあ、自衛艦旗の降納が始まりました!乗組員のみなさんは敬礼しています。いよいよラッパによる「君が代」の吹奏、感動の瞬間。ところが「ん、なんか違うなあ。これ君が代?」艦上から流れるラッパの旋律には違和感しかありません。それもそのはず、自衛隊のラッパには驚いたことにピストンがありません。そのため口の動きで「ド・ソ・ド・ミ・ソ」の5音を吹き分けるそうです。だから独特な音色になるんですね。しかも海上自衛隊のラッパによる「君が代」吹奏の歴史は1885年、明治18年まで遡るといいます!その伝統は呉に軍港が開かれて以来、戦後の一時期を除いて毎日続いています。そう、たとえ雨が降ろうが風が吹こうが、また台風が来襲してもラッパで「君が代」が吹奏されています。最後の音色が消えるように響きわたると、しみじみとした気持ちになります「あー、これで今日も終わりだなあ・・・」

関連会場

広島グリーンアリーナ

バレーボールのVリーグに所属するJTサンダーズ広島が公式戦を行う会場の1つが、この広島グリーンアリーナとなります。広島県では最大の体育館で、過去にはバレーボールの世界選手権やワール …

鶴岡一人記念球場

鶴岡一人記念球場は呉市出身で南海ホークスの黄金時代を築いた、鶴岡一人さんの名を取って付けられました。鶴岡一人さんは高校野球の名門、広島商業に進学し、法政大学時代には「東京六大学史上 …

ひろしんビッグウェーブ

ひろしんビッグウェーブは広島市東区にある屋内スポーツ施設で、夏はプール、冬はアイススケート場となります。1994年にはアジア競技大会で水泳の会場となりました。一般にも開放されており …

勝鯉の森(旧広島市民球場跡地)

「勝鯉の森」にはセントラル・リーグ優勝記念碑と日本選手権シリーズ優勝記念碑、そして「鉄人」の愛称で親しまれた衣笠祥雄さんの連続試合出場世界新記録記念碑がひっそりと佇んでいます。マツ …

コジマホールディングス中区スポーツセンター

コジマホールディングス中区スポーツセンターは広島市中区にあるスポーツ・レクリエーション施設となります。 アクセスについて コジマホールディングス中区スポーツセンターは広島市の中心部 …


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名