呉湾艦船めぐり(広島県)

呉湾艦船めぐりでは海上自衛隊の潜水艦や護衛艦、巨大タンカーなどを建造する造船所を間近に、また戦艦大和を建造した旧呉海軍工廠を海上から見ることができます!元自衛官による、ならではの解説も名調子で楽しく、他では体験できない迫力満点の軍港クルージングとなっています。呉湾艦船めぐりでとりわけ大人気なのが「海の忍者」と例えれらる潜水艦、これは必見です!

基本情報

所在地 〒737-0029 広島県呉市宝町4−44 呉中央桟橋ターミナル1階フロア
営業時間 船の運行時間は「呉湾艦船めぐり」の公式サイトよりご確認ください。
定休日 火曜日
料金 大人 1500円 子ども 500円

アクセス

呉中央桟橋ターミナルは建物のドームが目印で、大和ミュージアムの隣となります。JR呉駅の改札を出て右の出口に向かうと大和ミュージアムまでつながる屋根付きの歩道橋があり、徒歩約5分となります。乗船手続きは呉中央桟橋ターミナル1階の「受付艦船めぐり」という看板の出てるカウンターでできます。呉湾艦船めぐりの所要時間は約35分となります。

呉湾艦船めぐり

この日は全艦船で艦首から艦尾まで満艦飾でした!小学校の運動会では万国旗が掲げられていたのを思い出します。「あれはアメリカで、あれは韓国だろ。おいっお前、あれがどこの国の旗か知っとるか?なーんだ、知らねーのかよ。ありゃブラジルに決まってんだろ」とかなんとか、物知り名人を争ったものです(笑)満艦飾というので万国旗を連想しましたが、実は信号旗でした。並んだ国旗の順序や位置から「貴国にとって我が国は某国よりも下の扱いなのか!」という誤解を招かないための配慮らしいですね。それはさておき、ズラッと護衛艦や輸送艦、補給艦、練習艦などが並ぶ光景は壮観です。迫力満点!そして最大の見せ場は潜水艦でした。もう、みなさん写真を撮りまくり。望遠レンズを用意してる人などもいて、さながらミス・ユニバース・ジャパン代表の選考会みたいな様相を呈していました。海上自衛官OBの方も紹介に熱が入っていましたね、またお客さんへの配慮も忘れず「本日はね、ちょっと波が高いのであまり潜水艦に近づけなくなってます」いやいやどうして、あんなに近くで見れてもう大満足ですよ!

関連会場

猫田記念体育館

猫田記念体育館は広島市南区にあるバレーボール専用の体育館で、Vリーグに所属するJTサンダーズ広島の本拠地になります。体育館の名称には、JTサンダーズ広島の前身「専売広島男子排球部」 …

鶴岡一人記念球場

鶴岡一人記念球場は呉市出身で南海ホークスの黄金時代を築いた、鶴岡一人さんの名を取って付けられました。鶴岡一人さんは高校野球の名門、広島商業に進学し、法政大学時代には「東京六大学史上 …

広島グリーンアリーナ

バレーボールのVリーグに所属するJTサンダーズ広島が公式戦を行う会場の1つが、この広島グリーンアリーナとなります。広島県では最大の体育館で、過去にはバレーボールの世界選手権やワール …

広島広域公園第二球技場

広島広域公園第二球技場は広島広域公園の中にあるスタジアムで、この公園内にはJリーグのサンフレッチェ広島が本拠地とするエディオンスタジアム広島や、広島広域公園第一球技場などがあります …


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名