茨城県営球場 (堀原運動公園野球場)

茨城県営球場は、茨城県水戸市堀原運動公園内にある野球場です。
1950年代はプロ野球の公式戦が開催されていました。現在は、高校野球や独立リーグ『茨城アストロプラネッツ』がホームゲームを行っています。1983年に開催された第38回全国軟式野球大会決勝戦(ライト工業対田中病院)で、午前8時開始から延長44回まで決着がつかず、45回表にライト工業が1点を挙げ、試合時間8時間19分の日本記録の対戦となりました。

アクセスについて

水戸駅から茨城県営球場は約5キロと距離があります。
そのため、車か市バスでのアクセスになります。
照明がない球場ですので、試合は昼間以外はありません。
市バスの本数、運行時間を確認の上、アクセスしてください。
茨城交通(バス)

会場近くの下車ポイント

武道館前が最寄りのバス亭になります。

車でのアクセス

駐車場は公園内に340台分あります。

水戸駅

水戸駅は、東京方面からの場合、常磐線の普通電車が、品川から水戸を2時間30分ほどで結び、特急の利用で1時間30分ほどになります。
それ以外にも、水郡線、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線などが乗り入れています。

会場について

所在地 : 茨城県水戸市新原2-11-1
収容人数 : 12,500人
(バックネット裏 : 1000席・内野 : 8,000席・外野芝生 : 3,500人)
グランド : 両翼91m・センター117m
内野…クレイ、外野…天然芝
照明 : なし
オープン:1953年3月

試合のスケジュール

茨城アストロプラネッツの試合の日程は、チームの公式サイトからご確認ください。

チームの公式サイト

茨城の交通・観光・食べ物を知る

旅行の前に、茨城の基本情報をまとめておりますので、ご参考にご利用ください。

茨城県のスポーツチームの基本情報

(1)水戸・ひたちなかの交通

茨城県は新幹線の駅がなく、水戸の場合は、上野から特急ひたち号を使うと1時間10分ほど、特急ときわを使うと1時間20分ほどになります。

後は、高速道路などを使い水戸・ひたちなかのエリアに来るのが一般的になります。

水戸・ひたちなかエリアへの行き方と、市内の交通手段をご案内しております。

(2)水戸・ひたちなかのホテル

水戸は、水戸駅周辺に偕楽園、弘道館と観光の目玉が集まっており、観戦と組み合わせ良く観光できます。そのため、通常、夜の試合であれば、午前中に東京から到着し、試合前に観光し、夜に試合を見て東京に帰れるような1日を過ごせます。もし翌日、水戸エリアを回りたいような場合のために、水戸・ひたちなかエリアのホテルをピックアップしております。

(3)水戸・ひたちなかの観光

水戸の観光と言えば、偕楽園が一番に来ます。水戸の観光は駅周辺ですが、少し離れており、偕楽園の場合は、バスやレンタルサイクルが便利です。
ひたちなかエリアに行けば、ひたちなか海浜公園などが観光スポットになります。
ここでは、水戸・ひたちなかエリアの観光スポットをピックアップしております。

(4)水戸・ひたちなかで食べる

水戸の名物的な食べ物と言えば、やはり納豆でしょうか。
後は、お土産にもいいのが干し芋になります。
大洗の方に行けば、海の幸もおいしくいただけます。

関連会場

ひたちなか市民球場

ひたちなか市民球場は、茨城県ひたちなか市のひたちなか市総合運動公園内にある野球場です。敷地内にあるひたちなか市総合運動公園陸上競技場ではサッカー天皇杯などが開催されています。球場で …

ノーブルホームスタジアム水戸

ノーブルホームスタジアム水戸は、茨城県水戸市見川町の水戸市総合運動公園内にある野球場です。この球場はBCリーグ茨城アストロプラネッツ、全国高等学校野球選手権茨城大会の会場としても使 …

リリーアリーナMITO

リリーアリーナMITOは、茨城県の水戸市にある体育館です。 Bリーグの茨城ロボッツのホームゲームを行うことがあります。 アクセスについて 最寄りは水戸駅になります。 水戸駅は、東京 …

ケーズデンキスタジアム水戸

ケーズデンキスタジアム水戸は、茨城県水戸市にある陸上競技場になります。 Jリーグの水戸ホーリーホックの本拠地になります。 アクセスについて 水戸駅からケーズデンキスタジアム水戸は約 …

笠松運動公園陸上競技場

笠松運動公園陸上競技場は、茨城県にある笠松運動公園内の陸上競技場です。 過去には、Jリーグの水戸ホーリーホックのホームスタジアムとしても使用されたことがあります。 2019年のいき …

関連ニュース


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名